価値のわかる広報マン、戦略的ブロガーのための “紙ブログ”広報セミナー

 大変遅くなりましたが、2月28日からスタートする、2014年の“紙ブログ”編集セミナーのご案内ができましたので、ご報告させていただきます。

“紙ブログ”広報セミナー2014の趣旨です
 最近ではネット中心のメディア革命、特にソーシャルメディアの飛躍的発達で「もう紙媒体は必用ない」と言われる方もいらっしゃいます。当社も営業活動はほとんどはネットに依存し、営業マンによる訪問という従来の営業手法すらとらなくなってきました。確かに『営業ツール=拡散効果』という側面から考えれば、今のソーシャルネットの威力は(?)はすごい。
 
拡散”から“深化・信頼”へはネットと“紙”広報で
 しかし一方“紙”広報物はネットとリアル社会の狭間で使命を終えたのでしょうか? 昨年の“紙ブログセミナー”でもお伝えしてきましたが、ネット広報は拡散性(新規客獲得)、速報性においてはすでに紙を凌駕しています。しかし紙媒体は定着性(フォローアップ)と本来的広報(本当に伝えたい部分)、つまり経営・営業理念やポリシーを、スキルなどの体系化や記録性という側面、また説得性(ビジュアル、デザインを含め)表現などは、今でも圧倒的な訴求力を持っています。
 
手間もコストも大幅低減、ネット時代の“紙”広報パワー
 これまで、当社のお客様で紙広報物を発行されている方や、戦略的にブログなどを手掛けているお客様はこの効果をご存知ですが、手間と費用という点からも、いまや大幅に低減。現在の印刷は集約型方式で印刷コストは下がっており、ブログ、SNSなどをされているお客様は“編集”という技術を駆使すれば、最大の広報効果を発揮することができます。
 今年のセミナーはこの『“紙”ブログ広報』という概念を仮説として、より内容の濃い“広報”について皆様と一緒に考えていきたいと思います。



片岡喜彦モトコー写真集『高架下商店街と人びと』が『まち歩き』紙に

 今日は、午後からポートピアホテルで妻と昼食バイキング
 妻が元町商店街を散策したいというので、夕方わかれて『古書片岡』を訪問(神戸市兵庫区神田町)。片岡喜彦さんとお会いするの久々。利益度外視の古本屋で新聞やタウン誌などにぎわしてますが、今回は「まち歩きブログマガジン」に片岡さんのモトコーの写真集『高架下商店街と人びと』が紹介されることになったと喜んでおられました。元町高架下商店街のみがテーマの写真集って他にないのね。「編集部が『フジイ企画NEWS』で見つけてくれたので、それ書いときね」って…。雑誌発刊されたらまたブログニュースで。

 これまで片岡さんは『造船の町と人びと』(2004年)、『高架下商店街と人びと』(2005年)、『運南に暮らす人びと』(2006年)と立て続けに自分のテーマで写真集を出版。兵庫県土建一般労働組合の退職記念(?)に『本のある風景4 「労働者人生 本・人・心」』(2008年)を出版。直後に本好き、読書好きが行き着く「あの番台に座りたい」という願望がとで利益度外視の古書店を開業。


お客様が成果を出せる体制を【2014.2月度早朝営業会議】

一年で一番冷え込むという2月。それにしても今年はよく雪が降りますね。この2月を乗り切れば少し暖かくなる(はず!)と期待して、寒波に負けずに過ごしましょう!  さて、2月12日(水)は、2月の早朝営業会議でしたので、またご報告。(キョーコ)

2014年の『“紙ブログ”広報セミナー』の運営目的と方針を
 皆様ご承知の通り、2014年度のセミナーを進めるための作業をし、第1回目のご案内と日程をブログやフェイスブックでご報告しました。当社の『“紙ブログ”NEWS』では、今年中のセミナー日程はお伝えしてあるのですが、本年度のセミナーにあたり、こちらの目的とスタンスについて改めてまとめていきました。
 
メディアが多様化した今、なぜ“紙”媒体なのか…を考える
 フジイ企画が目指す『広報紙づくり』へのアプローチは、まず“紙”広報媒体発行の意味と効果を認識していただくということを目的としています。ソーシャルメディアの発達した現在、広報営業は専らネットというケースも多く、(…当社の営業も同様)。そんな中でなぜ“紙”? …ここからのスタートとなります。
 
今年のテーマは、お客様が『成果』を出す『広報紙』づくり
 昨年までは「効果のある広報紙づくり」を皆さんに理解していただくことを目的としていましたが、今回は「必ず成果を出す」ということを前提としたセミナー展開を考えています。
 そこで、皆様に広報紙発行の意味をある程度理解してただくために、まずアンケートお応えいただく形式で進めてまいります。
 ○今まで、広報紙(社報、たより)など発行していますか?
 ○広報紙の意味と効果を感じたことはありますか?
 ○広報紙に手間(及び費用)を割けますか?
 ○他社(者)との違いを明確にしたいですか?…など。

 そうした中から、それ以上の効果を出す広報紙づくりを考える内容を検討しました。

2014年早朝営業会議エピソード
【2014.1月度】2月から新『編集セミナー』を開催します http://www.fujii-net.com/?p=342
【2014.2月度】お客様が成果を出せる体制をhttp://www.fujii-net.com/?p=352
【2014.3月度】顧客から選別される時代の営業http://www.fujii-net.com/?p=358
【2014.4月度】小さな会社でも責任分担と権限が必要http://www.fujii-net.com/?p=366
【2014.5月度】“よい”より“納得”の紙面と工程づくりhttp://www.fujii-net.com/?p=372
【2014.6月度】お客様の「不安」「不満」に立ち向かう仕組みづくりhttp://www.fujii-net.com/?p=376
【2014.7月度】お客様のお悩み解決と紙面の向上のアンケートをhttp://www.fujii-net.com/?p=382
【2014.8月度】“受注時コミュニケーション”マニュアル?http://www.fujii-net.com/?p=389
【2014.9月度】本当に頼りになるHPづくりに着手http://www.fujii-net.com/?p=407
【2014.10月度】「価格表」のHPでの公開を議論http://www.fujii-net.com/?p=765
【2014.11月度】HPのリニューアル=経営指針の具体化と連動!!http://www.fujii-net.com/?p=769
【2014.12月度】新ホームページの枠ぐみができましたhttp://www.fujii-net.com/?p=772



マスコミ・文化に働く“2014春闘”

  「この春から、消費税が8%になって暮らしはどうなる。」

 関西マスコミ文化情報労組会議(新聞、印刷、民放、出版、広告、映画・演劇、音楽家の組合)の機関紙『関西MIC』の春闘特集号の編集がスタート。
 新聞労連のYさんが、きょう(2月13日)久々にフジイ企画に来社。この時期は春に向けての新たな取り組みが始まります。最近では一年に一度のお付き合いになりましたが、Yさんとは2006年に発刊後5ヶ月で消えた『みんなの滋賀新聞』解雇後の記録集の発刊からのお付き合いです。
 

 新聞労連近畿地連会は私の新大阪新聞時代の古巣。争議が解決してからもう20年以上なので、Yさんとは年齢は近いはずですが、私がいた当時はお会いしていません。でも一時代の新聞記者のかもし出すイメージは、自分の思い出とオーバーラップして、いつも懐かしい気持ちになります。

 
私がいた当時『プロ野球選手会』が労組に。夕刊紙文化の消滅後は…
 私がいた時代、新聞労連には大手新聞とは別に、中小組合ならではの課題解決のため『夕刊紙・スポーツ紙会議』というのがありました。、そのころは『プロ野球選手会』が労働組合に組織替え。初代会長に中畑清が就任したので、『夕スポ』で選手会事務局長を招いての学習会も。大阪は夕刊文化がまだ花開いていたのですが、この20年あまりで大阪発の夕刊紙文化は大阪日日の朝刊化、大阪新聞の廃刊でついに消滅しましたね。
写真下=2006年11月発行『5ヶ月で消えた新聞ーみんなの滋賀新聞記録と検証』(A5判56P)



選挙仕事が終わって珉珉長堀店さんご招待で遅い『新年会』

 昨年末に選挙宣伝物の製作を受注し、事後処理も含めて全て完了したのが1月末でした。そのお疲れ様会も含めて、先日10日(月)に、かなり遅れた新年会をしてまいりました。会場は、昨年社長が出席したファイブスターパーティーのプレゼント交換会(12月13日)にて、『珉珉』(株式会社シーエフシー)長堀店の飲み放題食べ放題-4名のご招待いただいていたのですが、風邪で谷村ディレクターがダウン。3人でお伺いすることに…。(な)

 メンバーは、社長と私とキョーコさんの3人。今回の選挙仕事の中心になってかけずり回っていた谷村ディレクターが風邪で欠席、社長も日曜日から体調が悪くなっていてちょっとタイミングが悪かったのですが、これからの仕事の取り組みや、何故か「四次元とは…五次元とは…」という不思議な話題で盛り上がったりして、楽しいひとときを過ごせました。
 
 出迎えて下さった福元社長はとても気さくな方で、おすすめメニューをどんどん出して下さいました。少しお話をしたところ…「インフルエンザが流行っていて、アルバイトの子がたくさん休んでしまったんです」とのこと。どうやらこちらも大変で、お忙しいときに来てしまったようで…「私、働きましょうか!?」と妙にやる気なキョーコさん。

 お忙しいなかでしたが、福元社長とお話で、フジイ企画からの『珉珉』さんへは広報の新しい提案を別途させていただくというお話をしてされていました。出されたどの料理もとてもおいしかったです。ありがとうございました! これからもよろしくお願いします。



こころの中の今ものこる『貝塚少年保養所』

 閉鎖後の大阪市立少年保養所(と大阪市立貝塚養護学校)の訪問記を2011年9月にブログに書いたのがきっかけで、色々の方からコメントをいただいたので、その後記などを書いている間に何人かの方々とお友達になりました。その中には『是非もう一度見たい』ということで昨年10月末にその方と再訪問することに(40数年ぶり、初対面の旧友と廃墟探訪(大阪市立少年保養所)。この本の著者、小説家の南川泰三さんはこの時、小説のために古い時代の(昭和32年ごろ)の保養所方の証言や資料集めをされておられました。

 今回、このブログから出会った、私と同時期(1968年)に結核で入所されていた村田さんが、この南川泰三氏が『貝塚少年保養所』を暮れに発刊され、購入されたとフェイスブックに報告しておられたのを知って早速、自分も堺の図書館で見つけてきて一気に読みました。
 
 貝塚にある『大阪市立少年保養所』は結核予防法による小児結核療養所としてスタート。その後の高度成長の影響で小児喘息が増え、1967年に喘息棟(つくし寮)も併設。1992年に保養所はすべて閉鎖になりました。(貝塚養護学校と寄宿舎は2008年まで存続)
 この本の舞台から一巡り(12年)後の私たちがいた1968年当時には木造の結核棟は小説のままで、入所者もまだ多くいたような記憶です。私たち「つくし寮」生にとって、結核病棟の人とは学校で会える軽度の人だけで、この時期在籍していた村田さんとも当時は出会っていません。
 
 南川さんの小説『貝塚少年保養所』の冒頭にある大阪阿倍野からタクシーで貝塚の『入所』に向かうシーンは、辺鄙だけど美しい田園風景を一部では感じながらも、希望に満ちた13歳の少年ではなく、「落ち武者のような」重い気分を背負った当時の自身の心象風景と重なり、非常なリアリティを感じました。
 
自分の体験と重ね合わせて…
 ここに書かれているエピソードの多くは内容こそ違え、私自身が寮生活で体験してきたこと彷彿させる内容で様々なことを思い出します。これは私の体験の一部です。
 ひとつは、身近な僚友の「様々な形の死」の体験。寮生活しか知らなかった長期入所解放(卒業)された直後の死。また、今でいう“イジメ”問題のあった子の突然のショック死(原因は不明)。そして自分へも死神がやってきて意識が朦朧となるなか、死とはこういう感じかと感じていたこと、そして危篤の知らせで駆け付けた母が面会せずに帰ったと後に知らされた体験など。
 日々の生活では、ここでは書けないけど療養生活とは程遠い事件や、ほろ苦い話では、結核の重症棟にいる女子に一方的に恋心を寄せて、一日に一度だけ昼食時に渡り廊下を渡ってくるのを寮の窓から毎日見ていただけだが、なぜかそれがバレていたのに接触するすべがなかったことなどもありました。また、クラスの女子ら5~6人が集中豪雨後の学校から離れた池に遊びに行って一度に3人が溺死(これ小説の脱走事件を彷彿させる)。この溺死事件の直前には、私に関係する女子との『事件』もあったので非常に整理のつかない思いをしました。
 
 これらのことは日々の生活ではほとんど封印していますが、でも思春期のたった1年未満のこれらの体験は濃厚ではあったけど、今考えると、純粋な精神のなかのほろ苦い記憶でしかなく、本当はそれなりに結構楽しいものだった筈なのです。ただ良い意味でも悪い意味でも後の「生きること」を考える原点になっているのは確かで、これからも、まだ取り組み続けたい課題です。
 
 この小説『貝塚少年保養所』は私たちにと関係する一時代の歴史の『確かな証言』記録です。


第1回『“紙ブログ”広報セミナー2014』(2月28日)開催のご案内

20140206_03
 もう2月です。だんだん暖かくなってくるかと思ったら、なんだか一気に寒さがぶり返してきましたね。さてフジイ企画にとって昨年末からの選挙仕事で、おかげさまで忙しい新年幕開けとなりました。さて、皆様には告知も遅くなってしまいしたが、また今年も『“紙ブログ”広報セミナー』をバージョンアップして開催します。

 最近ではネット中心のメディア革命、特にソーシャルメディアの飛躍的発達で「もう紙媒体は必用ない」と言われる方もいらっしゃいます。当社ですら営業活動はほとんどはネットに依存し、営業マンによる訪問という従来の営業手法すらとらなくなってきました。確かに『営業ツール』という側面からだけ考えれば、今のソーシャルネットの威力は(?)はすごいので、当社も最大限の活用法を研究しています。

 しかし一方“紙”広報物はネットとリアル社会の狭間で本当に消えていく運命にあるのでしょうか? フジイ企画は昨年1年間のセミナーを通じて『“紙”広報物発行の意味と効果』について考えてきました。で、一定限度大仰ではありますが、ネット社会で変質を遂げつつある中で、紙広報物のあり方、見せ方、効果を検証してネット時代こその紙媒体の作り込みを行ってきました。今年は当セミナーの名称である『“紙ブログ”広報』というの概念を仮説として、皆様と一緒に考えていきたいと思います。

 第1回目は総論として、まず今の時代の『ネット時代の“紙ブログ”広報とは』と題して、ネット時代における紙媒体の意味と効果、作り方について考えてみたいと思います

 
『“紙ブログ”広報セミナー2014』(1)
日 時 2014年2月28日(金)
     18:00~19:00
会 場 編集プロダクションフジイ企画 事務所内
定 員 8名    参加費 1,000円/1名
内 容①「ネット時代の“紙ブログ”広報とは」
    【ネット時代の紙広報物の意味と効果、作り方】
   ② 実践編「皆様の広報紙を考える」
     もしお持ちでしたら、皆様がこれまで発行された広報紙をご持参ください。
テキスト 小冊子『肌で感じる編集サロン』など
会 場 編集プロダクションフジイ企画 事務所内
定 員 8名    
参加費 1,000円/1名 

お申込み方法
以下のアクセスで「お名前・ご住所・お電話番号・ご参加人数」をお願いします。
イベント案内で発信しています。facebookご利用の方はここからでもお申し込みできます。
【当社HPのメールフォーム】『なんでもメール』
【E-mail】info@fujii-net.com
【お電話】フジイ企画TEL:072-227-2790(受付時間:平日 10:00~17:00)


季刊『三国の丘からの風』2014年春号(第16号)公開編集会議のご案内

20140206_01
 「けやき通りまちづくりの会」が発行する『三国の丘からの風』2014年新年号(第15号)が、1月末に発行され、三国ヶ丘地域の皆様のお手元にお届けすることができました。 

 この地域コミュニティ紙は、『まちづくり活動』の一環ということで、地域の方々が編集委員となって、地域に関係する皆様の『横顔』や地域活動、小・中学校の話題、サークルなどの行事案内や報告を盛り込んで、そのエネルギーの輪が広がるような紙面作りを目指しています。

 これまで頑張って記事集め・執筆をされてますが、市民活動ということでより多くの方のお知恵を集めたい、ということで、2012年の11号以来、紙面作りのための編集会議を公開形式にしました。

 今回も2014年春号(4月下旬発行・第16号)へ向けた『公開編集会議』を開催することになりました。
 『街づくり』『コミュニティづくり』に関心のある方ややっておられる方、また『文章を書くのが好き』な方や『紙面づくり』に興味のある方や「学んでみたい」と思われる方がいらっしゃいましたら、居住地域を問いませんので、是非この機会にご参加くださるようご案内申し上げます。(キョーコ)

日 時 2014(平成26)年3月3日(月)
     14:00~16:00
会 場 編集プロダクションフジイ企画事務所内
    (堺市堺区柳之町東1-1-7 A203)
定 員 10名程度    参加費 無料
内 容 1.地域『営業』に役立つコミュニティ紙について
    2.交流とまちづくりのためのご提案
    3.『三国の丘からの風』2014年4月号企画案の検討
主 催 けやき通りまちづくりの会
 ご参加のご意思、またご要望、投稿などはフジイ企画内「三国の丘からの風 制作部」まで 堺市堺区柳之町東1-1-7 A203  Tel072-227-2790 Mail info@fujii-net.com フジイ企画facebookページでもご案内しています。
 
『三国の丘からの風』2014年冬号(1月)のヘッドラインです
1面【特集】
○外資系会社で培われた英語力を子どもたちに/ECCジュニア・BS北田出井町教室…朝比奈さん

2面【【地域のイベント・サークル情報】
「榎小の子ども達の様々なチャレンジ/榎小学校」
○修学旅行・宿泊体験学習
○「チャレンジフェスタ」と「榎ギネス記録会」
 
3面【「今日もこの街で」お仕事紹介・行事報告】
○気ままな経営で40年ランチ作りが若さの源!/『喫茶 杉』
○命の大切さ 地域全体で/榎ふれあい祭り
○審査員として「まちづくりの会」から2名が出席/旧天王貯水池再生活用コンペ
 
4面
○「天王社」の謎が解けた/歴史遺産公開勉強会
○第7回「堺三国ヶ丘伊東静雄菜の花忌」開催のお知らせ
○【こちら三国ケ丘の交番で~す!】
○【編集後記】新会員からひとこと



2月2日は夫婦の日

  特別どうってことはないのですが、何かと理由を見つけて、夫婦だけで外食することも多いのですが、きのう2月2日は休日だったので「結婚記念日やし…」とまた“冠”をつけただけの会食をしようということに…。

 ただここ数日、風邪が治ったと思ったら、今度は異常な肩凝りのせいで病院へ行くかどうか…から喧嘩になり、いつものように「もうどうでもええわ」となった挙句でしたが。
 
 ところで、結婚当初、この2月2日は『夫婦の日』とちゃうか…ということで「何か意味シン」やから必ずあると思いつつ『命名』したのですが、実は夫婦の記念日としては11月22日が有名で、『いい夫婦の日』として推奨?していることを後に知りました。でもこれって単なる語呂合わせだけでしょ?。
 
 別に文句をいうつもりはなかったのですが、この『いい夫婦の日』、語呂合わせ以上に、非常に違和感があります。いい夫婦があるなら、悪い夫婦もある…ってことか。我々はどっちや? そもそも夫婦は夫婦であるということだけで完結していて、『いい』も『悪い』もない…でしょ。
 
 そこで『夫婦の日』でネット検索したら、2月2日の『夫婦の日』もありました。兵庫県姫路市でやってる『夫婦感謝の日』。これ納得。夫婦は永い時を重ねると、螺旋を描きながら匍匐前進している戦友と似た感覚。その永い浮き沈みを経て今生きていることをしみじみ感謝できる日。こんな記念日ならいいね。 …いつ『終戦記念日』。


いかなる状況下でも『勝ち』にいきます

 12月のピークを過ぎかけたころ、急きょ首長選挙に出馬されたお客様から選挙広報一式を受注。年末年始のおよそ3週間、『戦時(?)』体制を組んで取り組んでおりました。 結果はというと、今回は今まで未経験の惨敗で、ようやく26日の開票結果を待って、週初めに敗戦処理を行ってきました。非常に悔しい思いをしました。こんな経験からしか書けないことがあるので、ちょっとひとこと。

 今回の選挙戦事後会議において出た話。「準備期間がなく広報方針ができず見切り発車」「選対がないため資料がメモ程度で入稿が遅い」「先方との連絡網・確認先が一定しない」など。…これって誰の話?

 一般に、選挙の勝敗やある目的での広報物への反応・効果は、その対象の人やモノの性格(性別・年齢・知名度・印象=ブランド力)や品質(内実・見栄え)、初発(スタート)地点と方針(目指す方向性や理念)、取り組む主体組織の性向(動員力・団結力・取組姿勢と行動力)、そして社会情勢(トレンド・風向き)など、様々な要因が働きますよね。

広報紙媒体の『価値と効果』を『信じる』ことが『プロ』
まず仕事をする前の大前提。第一に状況に関係なく、広報紙の『価値と効果』を知っていること。そしてその力を『信じている』ということ。第二にもし本当に『信じている』のであれば、その他の外的条件は考えずに「いかなる条件下にあっても『必ず効果を出す』」ための方法を考えるということにつきる。それは選挙戦では得票数、その他の広報では反応率、クロージング率という数字を目指すことです。それが『プロ』です。

 フジイ企画は『本当に伝えたいことを伝えられる形に…』が基本理念ですが、これは単なるスローガンではなく、紙媒体における〝伝えられる手法〟を日々の変化の中で考えだしていくということです

 今回の経験から学ぶのは「他の方法はなかったか?」と考えることだけ。受注した以上、前述のような諸条件は「分かっていた」「予想できた」ことで、その問題は論外です。でなければ「我々は広報のプロだ」といいながら、一方では「自らの『職業』は他の様々な要因に影響されるもの」と言ってるのと同じ。つまり自分の仕事を『本当は信じていない』ということになります。戦略・戦術のミスは改善すればよいが、こんなことは我々の存在意義に関わることです。

 唯一お客様を判断する材料は、このことに取り組む『信念』があるかどうかです。どういう信念かは関係ありません。当然、自分の思想・信条と合わない場合もありますが、そのお客様に『信念』があるなら、こちらも仕事への『信念』で考えることだけです。

 そういう意味で、この仕事をしていると、当然現在のお客様との対立陣営の仕事をすることも多々あります。フジイ企画は下請仕事はしないので、届け出広報物にはフジイ企画の社名がキッチリ印刷されます。今まで古いお客様への報告は「仕事ですので…」と添えたりしていたのですが、最近は報告するだけにしました。つまり、片方には力を入れているけど、もう一方では「不本意で、手を抜いている」というニュアンスがあるみたいで、本心ではない。だからどんな場合であっても『必ず当選を目指します』と公言することにしています。