インターン大学生も紙面企画に参加『三国の丘からの風』2014秋号公開編集会議

今回はインターン実習の大学生が参加

 8月29日(金)、『三国の丘からの風』18号の公開編集会議が開催。今回は残念ながらスポンサー企業の方のご都合がつかず、「けやき通りまちづくりの会」から、会長代行の高田さんと、前会長の竹内さんの2名のみの参加。一方、フジイ企画にインターンシップ実習で来ていた大学生4名のうち2名が参加、数日かけて検討してた企画案のプレゼンを披露、活気ある会議となりました。(キョーコ)
 
「まちづくりの会」10数年の思い・歩みも特集も検討
 2001年に発足して10年以上が経過した「けやき通りまちづくりの会」。これまでに多くの歴史遺産を利活用したイベントや勉強会など開催してきました。今回は「その思いや歩みを記事に取り上げるべきではないか」という企画案が出ています。今回は見送りになったもの今後の進め方を「まちづくりの会」でじっくり話し合うことに。
 
若年層をターゲットにした学生企画をプレゼン
 今回の特徴はインターン学生からのプレゼンです。公開会議の数日前、実習の一部として学生4名(全員【女の子♡】)で編集会議を開き提案事項を書き出してました。もっと若い年齢層に読まれる紙面づくりとして「子供の特集」、「読者参加型の紙面」。具体的にはテーマを決めた写真の投稿や、読者の感想や意見を求める記事を掲載するなど。実現するには、多方面の方の力を借りなければならないのですが、今後も論議することになりました。
 
堺の文化財保護と刑務所のつながりも掲載
 もう一点は、『三国の丘からの風』紙面の印刷でお世話になっている大阪刑務所への訪問。目的は11月の『矯正展』の告知記事のためでしたが、今回は特別に学生とともに所内を取材。府の無形民俗文化財「堺緞通(だんつう)」制作現場を見学して、地域文化の保存と刑務所のつながりなども紙面掲載することになりました。
 
公開編集会議でぜひ斬新なご意見を

 今回はインターン学生の参加もありましたが、編集会議は読者の方を含め関心のある方に公開しています。初めて方も紙面参画にご協力いただければ幸いです。
 今回はご報告の掲載が遅れてしまったことをお詫びいたします。



季刊『三国の丘からの風』2014年秋号(第18号)公開編集会議のご案内

20140730

 「けやき通りまちづくりの会」が発行する地域コミュニティ紙『三国の丘からの風』2014年7月号(第17号)が、7月末に発行されました。三国ヶ丘地域の皆様のお手元に届き始めていると思います。

 この地域コミュニティ紙は、『まちづくり活動』の一環ということで、地域の方々が編集委員となって、地域に関係する皆様の『横顔』や地域活動、小・中学校の話題、サークルなどの行事案内や報告を盛り込んで、そのエネルギーの輪が広がるような紙面作りを目指しています。
 
 毎回、「まちづくりの会」の方が記事集め・執筆に奮闘しておられますが、記事が少なく困っておられる場合もあります。そんな中、この17号には、地域の方からご紹介いただいた方を掲載させて頂くことが出来ました。「三国の丘からの風」の読者の方からのご紹介、ご推薦は皆様が求めていた反応です。こんな風に地域にお住まいの方同士の繋がりをもっと作っていければうれしいです。(キョーコ)
 
ご関心のある方ならどなたでもご参加ください
 2012年の11号以来、紙面作りのための編集会議を公開形式(どなたでもご参加OK)で開催しています。この機会にダメ出し含め、幅広いご意見が頂けましたらとてもありがたいです。次号(秋号:10月中旬発行・第18号)に向けての会議は下記の日程で開催します。コラムを書いてみたい方、記事に取り上げて欲しい人やお店、イベント情報等をお持ちの方、紙面作りに興味のある方は、ぜひぜひご参加くださいね! (電話やメールでも随時受け付けております。)
 
今回は2回の編集会議を開催します。
 また、今回は、現時点で記事が少ないことから、スムーズな運営のために記事候補収集のための第1回会議を開催します。ご案内の公開編集会議は第2回目ということになります。具体的な記事候補のご紹介などがございましたら、是非こちらの方にもご参加頂ければ幸いです。第1回会議は8月6日14:00~16:00
 
「三国の丘からの風」2014秋号公開編集会議(第2回)
日 時 2014(平成26)年8月29日(金)
     14:00~16:00
会 場 編集プロダクションフジイ企画事務所内
    (堺市堺区柳之町東1-1-7 A203)
定 員 10名程度    参加費 無料
内 容 1.地域『営業』に役立つコミュニティ紙について
    2.交流とまちづくりのためのご提案
    3.『三国の丘からの風』2014年11月号企画案の検討
主 催 けやき通りまちづくりの会
 ご参加のご意思、またご要望、投稿などはフジイ企画内「三国の丘からの風 制作部」まで 堺市堺区柳之町東1-1-7 A203  Tel072-227-2790 Mail info@fujii-net.com フジイ企画facebookページでもご案内しています。
 
『三国の丘からの風』2014年夏号(7月)のヘッドラインです
1面【特集】
○子どもは未来そのもの/堺三国 ヶ丘駅前保育園「たんぽぽのくに」園長…山下さん
 
2面【地域のイベントレポート・新任先生紹介】
○「旧天王貯水池」春の一般公開
○今回も大盛況!…おもしろ堺歴史サロン「ルネッツタカラヤ」
○“6月から毎月実施してます”…けやき通り清掃活動
◯【地域の先生方訪問】
 
3面【「三国健人」地域の元気な顔紹介!・交番より】
○要介護から奮起!/鳥羽さん
○学びを続け介護福祉士に/藤本さん
○【こちら三国ケ丘の交番で~す!】
 
4面
○【この街と私の趣味】/「ゴスペル活動」高橋さん
○お知らせ/第28回「歴史遺産公開勉強会」
○【編集後記】



皆様の思いが伝わる紙面に…【「けやき通りまちづくりの会」定例会に初参加】

 ブログ読者の皆様にはいつも地域コミュニティ紙『三国の丘からの風』のご報告させていただいているですが、私が担当になってもう1年以上。でも、まちづくりの会の役員さんとお会いしたことがあるのは3人の方のみ。このコミュニティ紙の方向性と皆様の思いを聞く「いい機会」だと、昨日初めて月例の「6月定例会」に参加させていただきました。

 会場は役員さんのご自宅内にある集会場で、そこに集っての定例会。残念ながら全員の方とお会いすることはできませんでしたが、実際に皆様にお会いしたことで臨場感のあるお話を聞くことができました。(キョーコ)
 
地域をよくするさまざまな思いを議題に
 議題は、もちろんコミュニティ紙『三国の丘からの風』の次号の進行状況の報告と編集内容の話もありましたが、秋のイベント行事の進め方(以前なら「天王貯水池での文化の集い」)や、まちを美しくする活動や防犯巡回など。実際に地域に住んでいらっしゃる方ならではの課題やエピソードがたくさん。もっと先の時代を見据えた活動について、「こんなん出来たらいいと思うんやけどなぁ。」「それやったらこういうのもあるよ!」と、どんどん繋がっていきます。
 
地域活性化の取り組みと、皆様の生活感覚を伝えたい
 私たちも、『三国の丘からの風』の編集を通じて、皆様の地域活性化の取り組みと、皆様の生活感覚(まさに三国の“風”?)を紙面にどう反映させるかを、じっくり考える機会をいただきました。「まちづくりには、夢やロマンがないとねぇ!」とみなさんニコニコしながら話してらっしゃいました。こんな思いが伝わる紙面にしたいなぁ。



読者からのメールってうれしいね『三国の丘からの風』2014夏号(7月)公開編集会議

  5月だというのに末には最高気温が30℃を超えてしまいましたね。5月28日もじりじりとした強い夏の陽射しを感じる中、地域コミュニティ紙『三国の丘からの風17号』の公開編集会議を行いました。今回は、「けやき通りまちづくりの会」の役員の方2名と私という少人数の参加で、いつもより短時間で会議は終わりましたが、でも、ちょうど会議前日に、読者の方から地域の方のご紹介メールをいただくなど、なんだか暖かい気分になりました。(キョーコ)

今回は役員さんだけの参加だったけど…
 『三国の丘からの風』も、はや17号となり、5年目(年4回の発行)に突入しました。しかし私は、フジイ企画でお世話になり始めてた昨年からこの紙面を担当する事になったので、まだ1年ほどしか経っていません。1年経ってようやくこの公開編集会議や、工程に慣れてきた?という感じです。 『三国の丘からの風』は、「地元を大切にしたい、地域の交流を深めたい」という思いで作られているコミュニティ紙ですので、その地域に関わる方・内容をテーマに取り上げているのですが、記事が少なくなってしまう場合もあり、「まちづくりの会」の方も記事集めに奮闘されています。
 
 読者の方からのメールって嬉しいですね。
 そんな中、読者の方から、「紹介したい人がいるから記事に取り上げて欲しい。」というメールを頂いたのです! 読者の方からの直接の連絡に、嬉しくてすぐに返信させて頂きました。この編集会議では、次の夏(17号)号の紙面内容ついての話がスムーズに進んだところで、この事をお伝えしました。もちろん役員さんも「こういう反応がもらえるとうれしいね~。」と喜んでいらっしゃいましたよ。読者の方から、直接の反応が頂けるのは本当に貴重な事です。この繋がりがどんどん広がれば、力強い地域になっていくのだと思います。
 
 これからも編集会議は公開です。フェイスブックなどで今まで通りご連絡いたしますので、ご興味・ご意見・アイデアのあるかたは是非、ご参加ください。



堺市立市小PTA紙『いこいの森』がコンクールで『共生賞』(2年連続入賞)!!

大阪府PTA協議会第10回広報紙コンクール|PTA新聞、会報、社報、機関紙づくり、広報紙コンクール入賞はフジイ企画(大阪) 大阪府PTA協議会主催の第10回広報紙コンクールにて、フジイ企画のお客様である堺市立市小学校のPTA広報紙『いこいの森』が、部門賞である『共生賞』を受賞されました!小学校の部のエントリー数は83校でした。『いこいの森』は、昨年のコンクールでも「銅賞」を受賞されていますので、今年で2年連続の入賞です。特にここ数年は、この時期になるとお客様の受賞ニュースを聞くことができて、私達もとても嬉しく思います。(な)

地盤が整っている今だからこそ新たな挑戦を

 実はこの受賞ニュース、市小学校の広報委員さんたちが先日来社された際にお聞きいたしました。市小学校は現在フジイ企画がお世話になっている学校の中で、一番永くお付き合いをさせて頂いております。約10年くらい…!?最初の頃は記事の扱いから委員の運営まで、色々と山あり谷ありだったようですが…。歴代の委員さんたちのがんばりのおかげで、徐々にスムーズな制作工程で進行できるようになりました。私自身この一年間かかわらせて頂きましたが、年度が変わって委員のメンバーが入れ替わってもスムーズに進行できるのは、引き継ぎの体制がしっかりしているからなのだなと感じました。

フジイ企画とはお別れですが、これからも応援します

 表彰式は先週の土曜日(5/17)に行われたようで、昨年度委員長のYさんから早速お写真をいただきました。なんと、全国版の広報紙コンクールにも推薦を頂けたとのこと…。そんな勢いのある『いこいの森』ですが、これから一歩飛躍するために制作体制を一新されるとのことです。つまりフジイ企画にとっては、しばしのお別れ(?)ということになってしまいますが…。ですが、委員さんの「地盤が整っている今だからこそ挑戦したい」という言葉からは、紙面づくりに対する熱意を感じました。これからも皆さんの広報紙づくりを、ぜひ応援したいと思います。

*広報紙コンクールとは?

大阪府PTA協議会傘下の公立幼稚園、小学校、中学校、一部高等学校で一年間に発行された広報紙を対象に、PTA広報紙の持つ目的・使命・記事・編集・レイアウト・見出し・文章などを総合的に審査するコンクールのこと。



季刊『三国の丘からの風』2014年夏号(第17号)公開編集会議のご案内

20140507_01

「けやき通りまちづくりの会」が発行する堺の三国が丘地域のコミュニティ紙『三国の丘からの風』の2014年春号(第16号)がこの度発行され、三国が丘地域の皆様にはGW前にお届けすることができました。

 さて、この『三国の丘からの風』ですが、毎号、「まちづくりの会」の皆様と掲載内容・方針について話し合う編集会議を行った上で製作しています。そして、2012年の11号からは、この会議を公開編集会議として、どなたでもご参加いただける体制としました。もちろん、配布地域外にお住まいの方も大歓迎です!より多くの皆様のご意見や提案、ご投稿を頂きながら、地域交流に一翼を担えるよう活動を続けていきたいと考えております。
 つきましては、次号(夏号:7月下旬発行・第17号)へ向けての公開編集会議を下記の日程で開催致しますので、「文章を書く・人に伝える」のが好きな方や、「地域の取り組み・紙面作り」に興味がある方、「地元を元気にしたい」と思っておられる方々、是非ご参加いただき、一緒に地域を盛り上げて頂ければ大変うれしく思います。(キョーコ)
 
編集会議の公開の趣旨は2012年11月のご案内ページ(2012年11月)に記載しております。ぜひご参照ください。
 

日 時 2014(平成26)年5月28日(水)

     14:00~16:00
会 場 編集プロダクションフジイ企画事務所内
    (堺市堺区柳之町東1-1-7 A203)
定 員 10名程度    参加費 無料
内 容 1.地域『営業』に役立つコミュニティ紙について
    2.交流とまちづくりのためのご提案
    3.『三国の丘からの風』2014年7月号企画案の検討
主 催 けやき通りまちづくりの会
 ご参加のご意思、またご要望、投稿などはフジイ企画内「三国の丘からの風 制作部」まで 堺市堺区柳之町東1-1-7 A203  Tel072-227-2790 Mail info@fujii-net.com フジイ企画facebookページでもご案内しています。
 
『三国の丘からの風』2014年春号(4月)のヘッドラインです
1面【特集】
○文化祭の祝歌がいつの間にか校歌に/三国丘中学校校歌作詞者…森田さん
 
2面【地域のイベントレポート】
○園児から「お茶をどうぞ」…三国丘幼稚園「ありがとうの会」
○顕彰の気運が高まって…「第7回伊藤静雄の菜の花忌」
○“おもち”で地域交流…榎校区まつり
◯けやきの緑に彩りを…春の花植え活動
 
3面【「今日もこの街で」お仕事紹介】
○生活全般に貢献できる場に/ライフガーデン さかいホール
○明るく楽しく生きがい作り/三国ヶ丘ジョイントハウス
○“おもてなし”の心を追究/レストラン&カフェ カアナパリ
 
4面
○浦島太郎は堺から?/「ルネッツタカラヤで」おもしろ堺歴史サロン
○【こちら三国ケ丘の交番で~す!】
○編集会議に参加して/ライフガーデン さかいホール 支配人:山本繁樹 



“モトコー”唯一の写真集『高架下商店街と人びと』がまち歩き紙に

散歩気分のブログマガジン“yurari』の“モトコー”特集に掲載
 先日、神戸の『古書・片岡』に立ち寄った際、「散歩気分のブログマガジンyurari」という神戸の街歩きマガジンで元町高架下商店街が特集されることを聞いていましたが、私たちも発刊に関わった写真集『高架下商店街と人びと』が紹介されたということで、著者の片岡喜彦氏から送っていただき、きょう掲載誌が届きました

 
仕事と暮らしを追った目線は“町そのものと人々”
 『元町高架通商店街』通称“モトコー”はJR元町駅から神戸駅までの線路高架下の商店街で、そこを通ると、戦後の闇市世代や私たちの昭和世代を通じて、なにか日本の庶民の匂いが息づいている。
 片岡氏の『高架下商店街と人びと』は、“人びと写真集”三部作の一つで、2005年の出版だからもう9年になります。“モトコー”は色々な雑誌や“タウン誌”でよく取り上げられていてかなり個性的な地域だけれど、ここだけをテーマにした写真集は片岡さんのこの『高架下商店街と人びと』しかないみたいです。
 片岡さんの目線はいつでも“町そのものと人々”。仕事と暮らしを追った写真集のテーマは仕事に取り組む人々の日常の庶民性と逞しさ。兵庫県土建一般労働組合の書記を退職され、『古書・片岡』を経営されるようになってからも続いてます。



『珉珉』長堀店で“料理撮影”のための勉強会

 きのう(3月6日)夜、株式会社ファイブスターの金山社長の呼びかけで、有志の『料理撮影のための勉強会』が開催されました。講師は堺商工会議所の松原さん。会場は中華料理「珉珉」長堀店で今回はメニューの商材撮影を兼ねた勉強会だったので、撮影法や照明技術のほかパソコン(Photoshop)による画像補正など、写真処理の実際について勉強しました。
 勉強会終了後は、撮影した料理と福元社長提供のお酒で楽しく交流会。今回撮影した写真は、4月には中華料理「珉珉」さんの新メニューとなって掲載される予定です。

『Facebookのページ』  


“侃々諤々”読者の声の充実を『三国の丘からの風』2014春号(4月)公開編集会議

  少しずつですが、暖かく、春を近くに感じられるようになった3月3日、地域コミュニティ紙『三国の丘からの風16号』の公開編集会議を行いました。今回は『けやき通りまちづくりの会』役員さん2名と私も含めて5名のご参加となりました。(キョーコ)

お忙しい中、時間をとっていただいた方々
 この編集会議、毎回このブログニュースとfacebookにて公募させていただいているのですが、今回久々に喜多様(整骨院経営)がご参加くださいました。…といっても前回参加が14号の会議(昨年8月)なので、1回ご欠席でも半年ぶりってことですね。また、前回から参加していただいてるけやき通りにある地元目線の企業『ライフガーデン さかいホール』から山本様にも常連様として(2回目)ご協力いただいてます。皆さん通常業務もあり、参加できる時間が限られる中、少しだけでもと都合をつけてお越し下さいました。本当にありがたいことです!!
 
今回16号から『読者からの声』をとりあげます。
 編集会議ですから、“実質的”な紙面づくりのお話を中心に進めてきているのですが、今回の特徴点は…。役員さん(金本さん)は「読者の方からの声がない」と思っておられたようで、これまで『編集後記』として扱ってきたコラムを『読者からの声』に変えることになりました。今回の執筆は『ライフガーデン』の山本様がこれにお応えくださいました!ご期待。
 もうひとつ…。毎回掲載している『交番で~す』のコーナー、いつも堺警察の方から直接、原稿頂いているのですが、地域の防犯啓発にはなっているのですが、「おもろない」との意見(おこられるかも)。
 
立場の違い?でヒートアップもありましたが…
 「じゃあ誰が、どういう方法で…」ということからヒートアップ。今まで皆様忙しいので、この部分だけ堺警察の方がフジイ企画への出稿という形式でお願いしていました。何かもう少し役立つ内容にならないかと話題にあげたところ、参加者それぞれの立場で主張があって、少々もめることに…。最終的にはより具体的な防犯ポイントを記載できるよう進めよう☆ということに落ち着きました。はぁ~、ホッとしたぁ。
 
“地域交流”というテーマから幅広いご意見・ご参加を
 毎回のことですが、地元『まちづくり会』の方、公募で来て下さった方、それぞれいいご意見をお持ちなので、「地域活動を考える」という側面から一緒に盛り上げていきたいと考えているのですが、運営の仕方も発展途上…ですね。そういうことも含めて是非皆様のご意見、ご参加頂けたら幸いです。



片岡喜彦モトコー写真集『高架下商店街と人びと』が『まち歩き』紙に

 今日は、午後からポートピアホテルで妻と昼食バイキング
 妻が元町商店街を散策したいというので、夕方わかれて『古書片岡』を訪問(神戸市兵庫区神田町)。片岡喜彦さんとお会いするの久々。利益度外視の古本屋で新聞やタウン誌などにぎわしてますが、今回は「まち歩きブログマガジン」に片岡さんのモトコーの写真集『高架下商店街と人びと』が紹介されることになったと喜んでおられました。元町高架下商店街のみがテーマの写真集って他にないのね。「編集部が『フジイ企画NEWS』で見つけてくれたので、それ書いときね」って…。雑誌発刊されたらまたブログニュースで。

 これまで片岡さんは『造船の町と人びと』(2004年)、『高架下商店街と人びと』(2005年)、『運南に暮らす人びと』(2006年)と立て続けに自分のテーマで写真集を出版。兵庫県土建一般労働組合の退職記念(?)に『本のある風景4 「労働者人生 本・人・心」』(2008年)を出版。直後に本好き、読書好きが行き着く「あの番台に座りたい」という願望がとで利益度外視の古書店を開業。