銅賞受賞!市小学校『いこいの森』委員さんの横顔[PTA広報紙コンクール24]

銅賞受賞!市小学校| PTA新聞、会報、社報、機関紙づくり、広報紙コンクール入賞はフジイ企画(大阪)「えーほんま、むちゃくちゃ嬉しいです♪♪」。
5月18日(土)に行われた第9回大阪府PTA協議会主催のPTA広報紙コンクールの授賞式。会場で配られた講評集には「メリハリの効いた紙面づくり」「本格派」と評され、喜びをかみしめていた市小学校PTA広報委員長の青野さん。今回は初エントリーにもかかわらずPTA広報紙『いこいの森』が銅賞に輝きました。

時間をかけて成長してきた『いこいの森』
PTAの広報紙でお世話になっている学校としては、いま一番永くお付き合いしている学校です。これまで、歴代の広報委員さが、少しづつ企画や紙面割りを改善してきました。思い起こせば山あり谷あり…。最初の頃は1面「あいさつ記事」の扱いで議論になったり、無理に引き受けた委員長さんがワープロやデジカメ操作が苦手だったり、記事の書き方について相談を受けたり、フォローのために3年以上も関わってこられた元委員長さんもおられました。

毎年の引継ぎをキッチリと
ただ毎年感じることは、年度末最終号の打ち合わせ時期までに、次の委員長さんを決められていて、広報計画を引き継いでおられることですね。青野さんは年度最後の打ち合わせの時、新委員長のYさんと一緒に来社され『今回はコンクールに出展します』とポツリ…。次を目指して意欲満々でした。

新委員長さんと表彰式・講習会に参加
授賞式には校長、PTA会長はじめ、既にお会いしている新しい委員長のYさんと一緒に参加されたました。今回の受賞でAさんは「このような形で評価してもらえた事は励みにもなりますし、もっとみんなの力を合わせたら、上を目指せるんじゃないかと、野望も出てきます(笑)」と。新委員長のYさんとともに、今年は副委員長として再スタートをきりました。

写真=(左から)PTA会長の松原さん、新委員長の吉井さん、委員長の青野さん、校長の山本さん



大阪府PTA広報紙コンクール表彰式で~す!!…羽曳が丘小『銀』市小『銅』

20130518第9回|PTA新聞、会報、社報、機関紙づくり、広報紙コンクール入賞はフジイ企画(大阪)

  きょう(5月18日)、たかつガーデンにて第9回大阪府PTA協議会主催の『第9回広報紙コンクール表彰式&講習会』が開催されました。この1年間かかわらせていただいたお客様のお招きもあり、僭越ながら今回も(今年は女子スタッフに変わって私が…)『撮影』と称して参加させていただきました。(F)

 

 本年は、当社のお客様としては、小学校の部(エントリー数79校)で羽曳が丘小学校の『羽曳が丘』、堺市立市小学校『いこいの森』がそれぞれ『銀』『銅』に輝きました。『羽曳が丘』は3年連続(一昨年と2年連続で『編集賞』)入賞、『いこいの森』は初エントリーでの入賞です(また順次ニュースで報告します)。

 思えばこの1年は、皆さま、かなり熱意をもって紙面づくりに励まれました。『羽曳が丘』のSさんは、紙面のカラー化や企画について何度も来社、『いこいの森』のAさんはマレーシア留学生を同伴しての打ち合わせも…。また当社初の試みの『編集講座』にSさんが参加してくださいました。こちらも初体験の緊張感もあったりで、思い出深い1年間でした。

受賞の要因は広報委員さんのこの1年の『熱意』
 広報紙づくりは結構大変な仕事なのですが、それをクリアするのは『楽しむ力』です。縁あって広報委員に選ばれた方が、1年間の努力が形になることの喜びを感じられれば幸いです。コンクール出展はその機会の一つで、あまり評価は気にする必要はないと感じていますが…。…でも当社のお客様が2つの賞を受賞されたことに(内心、飛び跳ねて)喜んでいます。
写真は受賞者みなさん(小・中・幼の部合同で)



堺市立市小学校PTA紙『いこいの森』がコンクール初エントリーで『銅賞』!!

20130510同賞の紙面と広報委員|PTA新聞、会報、社報、機関紙づくり、広報紙コンクール入賞はフジイ企画(大阪)

  昨日(5月9日)、大阪府PTA協議会主催の第9回広報紙コンクールのご報告させていただきましたが、またまた入賞!今回は第2弾レポート。フジイ企画としては、以前(2004年の第67号から…だそうです!)から深くお付き合いさせていただいているの堺市立市小学校の『いこいの森』がコンクール初エントリーでみごと『銅賞』を受賞されました。(な)

仕事のしやすさは引き継がれた伝統から…

 (私にとって)市小PTAの方々とは、入社以来一年間を通じてお付き合いさせて頂いたおかげで、喜びもひとしおです。今年担当されたA広報委員長さんは気さくな方で、打ち合わせから、スケジュール管理、入稿、校正の流れもスムーズに進み、初めて担当して慣れない私にとっては非常に仕事がしやすかった印象があります。広報紙コンクールにエントリーするのは初めて(本当?)だそうですが、年々引つ継がれてきた広報委員さんたちのがんばりが、こういった形で結果に出ているのだと思います。嬉しいですね。

大変な仕事を楽しむ力に変えて…
 広報紙づくりは結構大変な仕事なのですが、それをクリアするのは『楽しむ力』です。コンクールはその機会の一つで、あまり評価は気にしないのですが、(とはいえ)当社のお客様が、79校中『銀』『銅』の二つの賞を受賞されたことは(内心、飛び跳ねて)喜んでいます。
 5月18日(土)大阪府教育会館「たかつガーデン」にて、表彰式・講習会が行われるそうなので、講評などの詳細が分かればまたお伝えしたいと思います。広報委員さんたちの喜びの声などもご紹介できたら…と思います!
写真=(上)2012年3月14日、就任時に来社された広報委員さん(中央が委員長のAさん)。(下・左から)『いこいの森』91号~93号



大阪府PTA広報紙コンクールで羽曳が丘小『羽曳が丘』が『銀賞』(3年連続入賞)!!

20130509連続受賞の紙面|PTA新聞、会報、社報、機関紙づくり、広報紙コンクール入賞はフジイ企画(大阪)

 大阪府PTA協議会主催の第9回広報紙コンクールにて、フジイ企画のお客様である羽曳野市立羽曳が丘小学校の『羽曳が丘』が『銀賞』(小学校の部はエントリー数79校)を受賞されました! 小学校の部での賞の種類には、金・銀・銅賞のほか企画賞、編集賞、ハートウォーミング賞、グラフィック賞といった部門賞があります。ちなみに『羽曳が丘』は昨年・一昨年と2年連続で『編集賞』を受賞されており、今年で3年連続の入賞ということになります。受賞の知らせを聞くことができて、とても嬉しく思います。詳細につきましては、分かり次第ご報告させて頂きたいと思います。

連続受賞おめでとうございます

 昨年度の制作にあたって、広報委員さんたちと何度か紙面の打ち合わせをさせて頂きましたが、皆さんとても真剣に取り組んでおられて、いい広報紙を作りたいという想いが伝わってきたのを覚えています。また、12月に発行された196号の1・4面をカラーで印刷したことも印象深いですね。先日の記事にもありますが、フジイ企画で『羽曳が丘』制作のお手伝いをさせて頂くのは今年度で4期目となります。新しい広報委員さんとともに良い紙面を作っていけるよう、本年度も頑張ります!(な)

*広報紙コンクールとは?
大阪府PTA協議会傘下の公立幼稚園、小学校、中学校、一部高等学校で一年間に発行された広報紙を対象に、PTA広報紙の持つ目的・使命・記事・編集・レイアウト・見出し・文章などを総合的に審査するコンクールのこと。
写真=(左から)PTA紙『羽曳が丘』195号~197号。(下左から)受賞された広報委員のMさん、Sさん。



季刊『三国の丘からの風』2013年夏号(第13号)公開編集会議のご案内

 『三国の丘からの風』2013年春号がこのほど発行されました
 けやき通りまちづくりの会の『三国の丘からの風』2013年春号(第12号)が、ようやく発行されました。5月上旬までには、三国ヶ丘地域の皆様のお手元にお届けできるかと思います。記事のアウトラインは下記に掲載してありますのでご覧下さい。

公開編集会議は今回で3回目、ぜひ多くの方のお知恵を
 さて、次回13号(7月下旬発行予定)に向けての公開編集会議を下記の通り開催します。今回で公開会議は3回目。ご承知のとおり『三国の丘からの風』は「けやき通りまちづくりの会」の発行ですが、発行し続けるにはより多くの皆様のご意見や提案、ご投稿が必要…ということで議論してきました。他の地域の方でも、まちづくりと広報紙にご興味のある方、またお手伝いいただける方は是非ご参加、お知恵を頂ければ幸いです

※公開の趣旨につきましてはこちらをご覧ください.
 

日 時 2013(平成25)年5月29日(水)

     14:00~16:00
会 場 編集プロダクションフジイ企画事務所内
    (堺市堺区柳之町東1-1-7 A203)
定 員 10名程度
内 容 1.地域『営業』に役立つコミュニティ紙
               について
    2.交流とまちづくりのためのご提案
    3.『三国の丘からの風』2013年夏号(13号)
                企画案の検討
 
ご参加のご意思、またご要望・投稿などはフジイ企画内「三国の丘からの風 制作部」まで
堺市堺区柳之町東1-1-7 A203
Tel:072-227-2790 
Mail:info@fujii-net.com
フジイ企画facebookページでもご案内しております。
 
『三国の丘からの風』2013年春号(第12号)のヘッドラインです
1面【特集】
○言葉の苦労から始めた語学ボランティア…堺外国人日本語クラブ キャシー平田さん

2面 地域のイベントレポート
○あいにくの強い雨の中、多くの参加者が見学…旧天王貯水池「春の一般公開」(4月7日)
○大阪の詩への理解深め…「第6回伊藤静雄菜の花忌」(3月3日)

3面【「今日もこの街で」お仕事紹介】
○母娘二代…「可愛い」を要素に/パネル絵画表装の店『ギャラリー三国堂』
○地域の方々との交流を第一に/鍼灸整骨院・リハビリデイサービス『げんき堂』
○常に革新的メニューに挑戦/うどん・そばの店『ぶんぶく』

4面
○三国小を中心に防犯パトロール活動中/NPO法人チーム・スピリット
○「部展」目指して心打つ作品作り/三国丘中学校・美術部
○【こちら三国ケ丘の交番で~す!】
○【編集後記】


広報委員さんの引き継ぎで羽曳が丘小学校PTAを訪問

  昨日まで連休前の仕事をほぼ完了。夜には広報紙発刊セミナーを終え、今日から三連休。これが明ければ新しいチャレンジがまってます。

 今日は午前中、羽曳が丘小学校PTA広報の新旧引継ぎがあるということで、24年度お世話になった広報委員長のSさんから事前にご連絡いただいていたので、久しぶりに羽曳が丘小学校のPTAルームを訪問することになりました。約束の時間を大幅に遅刻して申し訳なかったのですが、簡単に工程計画などのお話をし、新旧の委員さんと対面してご挨拶させていただきました。

 今回は新しい委員さんの中に、フジイ企画にとって最初の委員長(Hさん)が返り咲き?されていたので、一番最初の立ち上げのことを思い出して非常に懐かしく楽しい気持ちにさせていただきました。広報委員さんとの関係は学校によってまちまちなのですが、打ち合わせ→製作のフローを双方で決めていく最初の過程が一番カギになるので、今につながる基礎つくってきたという点で、非常に感慨深いものがあります。

今のメディアを利用してより深く交流を
 フジイ企画にとって今年度で4期目。Sさんには昨年から開催したフジイ企画の編集セミナーにも参加していただき、またブログ、facebookを通じてより親密なお付き合いをさせていだきました。メディアの発達で、いろいろなことができるようになりました。これからもより発展できる仕組みを作って行きたいと考えています。


地域紙『三国の丘からの風』2回目の公開編集会議で…

20130226 地域コミュニティ紙『三国の丘からの風』も第12号を迎え、広く意見を集めようということで開催した公開編集会議も今回で2回目です。ご承知のとおりこのコミュニティ紙は年4回(春夏秋冬)発行で、編集委員会形式で運営されています。ただ地域コミュニティ紙ということでは、もっと広くみなさんの意見と情報=投稿が必要で、より多くのご意見と情報を取り入れようとして、前回よりfacebookなどを通じて公開にいたしました。今月は春号(4月発行)の企画会議で2月22日(金)に開催されました。(皆さまへの報告ニュースが遅くなりました。すみません)
 
応募の皆様!これから『編集長』より皆様にお声かけいたします
 この体制になることで、今回は前回までには確定できなかった編集管理者(編集長)に金本さんに正式にお願いし、徐々に態勢を整えてきました。ただ残念ながら皆様への確認が遅れ、せっかく応募してくださった方々が不参加となってしまい大変申し訳なく思っております。
 これからは「編集長」を中心に企画・編集・編集など紙面づくり・まちづくりに意欲のある皆様ともっと深くコミュニケーションを取れるようやってまいりますので、ぜひまたご参加くださいませ。これからはマメにプッシュさせていただきます。(写真=ちょっと顔が見えないのが残念ですが、手前に写っているのが意欲まんまん、編集長の金本さんです。)



季刊『三国の丘からの風』2013年春号の公開編集会議ご案内

  けやき通りまちづくりの会の『三国の丘からの風』2013年冬号(第11号)が発行され、1月末までに三国ヶ丘地域の皆様のお手元にようやくお届けできました。今回のご案内は春号(4月下旬発行)に向けての企画会議です。皆様のご意見や提案、ご投稿を元に紙面づくりをしていきたいと思います。地域外の方でも、まちづくりと広報紙にご興味のある方、またお手伝いいただける方は是非ご参加ください。
公開の趣旨は前回を参照!

日 時 2013(平成25)年2月22日(金)

     14:00~16:00
会 場 編集プロダクションフジイ企画事務所内
    (堺市堺区柳之町東1-1-7 A203)
定 員 10名程度    参加費 無料
内 容 1.地域『営業』に役立つコミュニティ紙
     について
    2.交流とまちづくりのためのご提案
    3.『三国の丘からの風』2013年4月号
     企画案の検討
 
 ご参加のご意思、またご要望、投稿などはフジイ企画内「三国の丘からの風 制作部」まで 堺市堺区柳之町東1-1-7 A203  Tel072-227-2790 Mail info@fujii-net.com フジイ企画facebookページでもご案内しています
 
 
 
『三国の丘からの風』2013年冬号(1月)のヘッドラインです
1面【けやき通り文化の集い特集】
○秋空の下2000人の人々と地域・世代超えた交流/旧天王貯水池の一般公開
○三国の昔話と歴足を学ぶ/秋の公開勉強会
2面
○三国の丘の文化遺産十二史跡めぐり(文化のつどい関連)
○けやき通り文化の集い絵画展優秀作品
○第6回堺三国ケ丘「伊東静雄菜の花忌」のお知らせ
○【街のサークル紹介】永山古墳周辺の環境整備を…井野内さん
3面【「今日もこの街で」お仕事紹介
○お客様の笑顔が増えるお菓子づくりを/菓子工房『Sanbaba』
○気軽に立ち寄れる店づくりをめざして/ハンドメイドジュエリークロッシェの店『けやき工房』
○施術を受けながら釣り談義・料理のお話も/『平地接骨院』
4面
○二泊三日の「民泊」田舎体験しました/榎小学校
○園舎の「耐震工事」終わり元気に活動/三国ケ丘幼稚園
○【こちら三国ケ丘の交番で~す!】
○【編集後記】



コミュニティ紙『三国の丘からの風』初めての「公開」編集会議

 

以前から会議の公開を目標に…

 『けやき通りまちづくりの会』発行の地域コミュニティ紙『三国の丘からの風』の発刊2年(通算10号)を機に、11月26日、はじめての『公開編集会議』を開催させていただきました。

 そもそも、このコミュニティ紙は、三国丘中学校区という狭いエリアでの発行で『まちづくりの会』有志で細々と編集していたのですが、これからの地域活性化は、地域外の人も含めた幅広い意見の集約が必要だという視点で、以前から公開を目指してきたものです。
 
新たに2人のフレッシュな方が参加されました
 今回はfacebookその他の方法を使ったはじめての公募で、2名(牧田さん、中本さん)のフレッシュな方に参加していただけました。ただこちらの議事運営方法はあまり煮詰まってなくて不手際が多かったのですが、活発に議論に加わっていただき多くの意見をいただけました。
 
新しい視点で活発な議論を
 内容は、まずコミュニティ紙発行に至るまでの経過、「まちづくりの会」の目的、バックナンバーの検証と、発行の趣旨などをお話した後、率直に皆様のご意見をお伺いしました。皆様からは「地域限定であっても、スポンサーに対応するためには、地域住民だけでなく、もっと広く(駅など)周知する配布方法を考えた方がいい」など色々参考になるご意見をいただきました。
 
他地域の方のご意見も積極的に取り入れます
 はじめての「公開」会議で少々緊張しましたが、マンネリ打破のためのいい経験になりました。今後の運営について、他エリアの方を含めた幅広いご意見を取り入れることで、参加者の皆様にもプラスになる双方向の交流を目指していきたいと思いますので、ぜひまたご参加いただけるとありがたいです。



コミュニティ紙『三国の丘からの風』編集会議に参加しませんか?

  地域コミュニティ紙『三国の丘からの風』2012年秋号がこのほど発行され、ようやく丸2年(10号)を超えました。この『三国の丘からの風』は、『けやき通りまちづくりの会』を主体に、地域の活性化と町づくりを目指して、三国丘中学校区内一帯という非常に狭いエリアを限定して配布しているコミュニティ紙で、これまで年4回(春夏秋冬)を基本に発行を続けています。

「街づくり」を目指した交流紙として
 このコミュニティ紙の発刊の趣旨は、単に地域に暮らす人々との交流というだけでなく、いわゆる「まちづくり」「地域活性化」という目標があり、「商店」「工場」を含めた様々な方々同士の地域での交流を通じ、本来の意味での地域(経済)の再生を目指しています。特に地域で日々「営業」されている方々にこそ、意味のあるものでありたいと考えています。発行地域は狭いエリアであるが故に、地域の皆様のご意思とご協力により継続発行が成り立っております。

 そこで次号企画(2013年1月発行)に、
●たくさんの方の声を反映するために、編集会議に広くご参加を呼びかけます。
●そして、地域活性化に関心のある(お考えのある)スポンサーを募集します。
 …ということで一度、紙面づくりに参加してみませんか? このエリアの方々だけでなく、地域でまちづくり活動をされている方やご興味のある方など、幅広くご意見をお伺いしたいと考えています。
 

公開編集会議のご案内

日 時 2012(平成24)年11月26日(月)
     13:00~15:00
会 場 編集プロダクションフジイ企画事務所内
定 員 10名程度    参加費 無料
内 容
 1.地域『営業』に役立つコミュニティ紙について
 2.交流とまちづくりのためのご提案
 3.『三国の丘からの風』2013年1月号企画案検討
 下記の連絡先に、ご意見、ご参加のご意思、またご要望などお寄せ下さい。今後、様々な方法で参加しやすい態勢を考えていきたいと思っております。
フジイ企画内「三国の丘からの風 制作部」まで
堺市堺区柳之町東1-1-7 A203  Tel072-227-2790
Mail info@fujii-net.com  フジイ企画HP http://www.fujii-net.com