お客様が成果を出せる体制を【2014.2月度早朝営業会議】

 一年で一番冷え込むという2月。それにしても今年はよく雪が降りますね。この2月を乗り切れば少し暖かくなる(はず!)と期待して、寒波に負けずに過ごしましょう!  さて、2月12日(水)は、2月の早朝営業会議でしたので、またご報告。(キョーコ)

2014年の『“紙ブログ”広報セミナー』の運営目的と方針を
 皆様ご承知の通り、2014年度のセミナーを進めるための作業をし、第1回目のご案内と日程をブログやフェイスブックでご報告しました。当社の『“紙ブログ”NEWS』では、今年中のセミナー日程はお伝えしてあるのですが、本年度のセミナーにあたり、こちらの目的とスタンスについて改めてまとめていきました。
 
メディアが多様化した今、なぜ“紙”媒体なのか…を考える
 フジイ企画が目指す『広報紙づくり』へのアプローチは、まず“紙”広報媒体発行の意味と効果を認識していただくということを目的としています。ソーシャルメディアの発達した現在、広報営業は専らネットというケースも多く、(…当社の営業も同様)。そんな中でなぜ“紙”? …ここからのスタートとなります。
 
今年のテーマは、お客様が『成果』を出す『広報紙』づくり
 昨年までは「効果のある広報紙づくり」を皆さんに理解していただくことを目的としていましたが、今回は「必ず成果を出す」ということを前提としたセミナー展開を考えています。
 そこで、皆様に広報紙発行の意味をある程度理解してただくために、まずアンケートお応えいただく形式で進めてまいります。
 ○今まで、広報紙(社報、たより)など発行していますか?
 ○広報紙の意味と効果を感じたことはありますか?
 ○広報紙に手間(及び費用)を割けますか?
 ○他社(者)との違いを明確にしたいですか?…など。

 そうした中から、それ以上の効果を出す広報紙づくりを考える内容を検討しました。 



コメントを残す

CAPTCHA