HPのリニューアル=経営指針の具体化と連動!!【2014.11月度早朝営業会議】

  11月も中旬となると、寒さもグッと冬らしくなってきましたね。巷では風邪が流行っているようです。体を冷やさないように気をつけなければ。11月度の早朝営業会議(11月12日)には、我々女子チームも防寒対策をして臨みました。(キョーコ)

 
価格表を提示することの意味…再検討?
 早朝営業会議は、主に前回に引き続きホームページの改善です。10月の会議では、そのうちの一つとして今まで「複雑すぎて明記できない」と思い込んでいた価格表の表示を一気に決めました。しかし、この1カ月の間に価格表の骨格はできたもののそこで立ち止まってしまうことに。「どこまで明示する?」→「余計お客様にはわかりにくい」→「本当に明示する意味あるの?」という思考の循環が始まってしまいました。
 
当社のサービスと価値を自ら表すこと
 本来の価格表示の目的は、当社の仕事(サービス)の内容と価値を誤解なく伝えるということでした。つまり印刷会社の単価表では表せない部分を明示することで、当社の仕事内容を知ってもらうこと。つまり事業の根幹部分の仕事を数字で明らかにすることなのですね。
 
これは思考の習慣からの脱皮が必要
 では「なぜ思考の循環が始まったのか」を考えてみると、これは今まで培ってきた経営理念と指針の具現だからです。つまり会社の方向性のブレをなくすということ。これまでの習慣(考えるクセ)からの『脱皮』の課題であり、少し仕組みを変えるといったことではなかったからですね。これは新たなチャレンジと表裏一体です。
 
その問題もすぐに解決に向けて
 そこでもう一度、価格を上回り、引きつける付加価値を見つけだそうと意見を出し合いました。「当社のモットーは?」「お客様からの反応は?」など多方面から引き出し始めたのですが、これが、案外ポンポンと意見が集まったのです。実は、これは私は少し意外でした。今までは、意見を出すのにウンウンと考えあぐねていた気がするからです。
 
論議の繰り返しでハードルも低くなって
 では今回は、なぜすぐに意見が出たか?それは、今までの早朝営業会議を受けてどんどん業務改善を繰り返しているからかも。大きな課題でもハードルが知らぬ間に低くなっていて、すぐに気付く事ができたのではないかと思います。少しずつですが、実になりつつあるんだなぁと実感でき、嬉しくなりました。あとは、この「フジイ企画ならでは」をどうやって打ち出すかです!


コメントを残す

CAPTCHA