みどりの森で地球の歌を…

オープンしてから、初めて訪問しました
 2月11日の休日(建国記念の日)、世界一平和村(和歌山・桃山町)にあるピザハウス・カンパノーラに、オープン後初めて訪問してきました。昨年11月3日のオープン記念に友人らと訪れたのですが、その時は完成前の仮オープンで、屋根もビニールシート状態でした。ただHPを拝見してたので、年初から本格営業に入ったのは知っていました。  昨年秋以降の私はというと、村長に教えていただいた(おすすめ?)『修練』にハマっていて、仕事もそっちのけでYOGAと瞑想、内なる自分に集中する日々を送っていたので連絡することもなかったのですが、2月に入って、私自身ここが一つの区切りと見定めてきました。始めたころはここまで行くとも思っていなかったのですが。

自分の魂だけを信じる旅に
 この3カ月あまりの体験は、自分のなかには、本当に、本当に安心できるゆるぎない真我が存在していることを知り、それをほんの少しですが垣間見たということでしょうか。真我の声も言葉(自分ではない声)で聞くという体験もしました。 本当の意味で『平和』や『愛』を体現するには、どんな例外もなく、何ものからも自由であるということも感じています。もっと言えば、人やメソッドを超え、『師』や『カリスマ』などもないということでもあります。でもこれって、メソッドが強力であるほどそのシステムや師に依存し、ギリギリでほんと紙一重の信念を追加することで人を支配できるのです。だからこそ、組織でもなく、宗教でもなく、教師でもなく、徹底的に『自分を信じること』が重要だと感じられています。村長は、わざわざ人に勧めておきながらそこを心配してたみたいです。

自分が行きたい方向へ…
 久々に自然の中で、内なる世界に入りたくもあり、自分の体験を話したくもあり、またお店の近況も知りたくて、三連休の一日は、独りハイキングのつもりでここに来てしまいした。  着いたのはちょうどお昼過ぎで、お客さんも満席状態でした。村長、相変わらず独特な雰囲気で、動きまわっていました。お客さんが一段落するまで、娘さんと裏山を登ったりしたあと、店長おすすめ(実験)の強力ガーリック入りのピザを食べながら、この間の私の体験、村長の夢、いろいろな事をお話ししました。この時、勝手ながら、自然も、空気も、置いてある家具も、ワンちゃんたちも、そして言葉も自分のなかで一つに調和していているような感覚で、なぜか不思議と会話も自分が行きたい方向に流れていきました。

Sometimes when it rains
 最後に村長が『いいものを聞かせてあげよう』とCDを取り出してきて、そこに流れ出したのが、Sometimes when it rains。この3カ月余り、これ自分と向き合う時にいつもバックに流れていた曲でした。旋律にのせて自分を魂に運んでくれた曲。題名も知らずにいたのですが、まさかここで聞けるとは思ってなかった。そう思うと急に涙が…。『心と心は一つでつながっている』『でも今までこんなタイミングないよね』…。本当にありがとう。

ピザハウス・カンパノーラ http://kanpanora.ikora.tv/



今しばらく同行二人で…

今しばらく…同行二人で

 年初、2008年は「光」の年にしたいということで、自分自身に光をあてて考えるように心がけています。昨年から持ち越しのHPをなんとか完成させたいと仕事の合間を縫って、今も取り組んでいます。(本当なら昨年中にできあがっているはず…)。今日やっと大まかなラフを提出したところです。

 今までの自分ならスタッフに任せて自分は投げていた、という場面でしょうが、方向性をもって自分が動かなければ、実は前に進まないことを知りました。ただこれまでと違うのは、ずっと自分を励ましてくれている存在がいて、それが前を照らしてくれているということでしょうか。

 この2年間の嵐の中、いつもマイナスのエネルギー(信念)にぶつかり、何とか逃げようとしている自分を知りながら、この処理が大変でした。人(や組織)頼みにするとか、自我のごまかしと真我の思いが分からなくて(というより本当は信じられなくて…という方が正しいかもしれない)、ますますマイナスの方向に進んでいた様な気がします。

 もう一人の「私」は、本当に少しずつではあるが成長しているように思います。今、ひとり孤独な闘い(模索)を続けていますが、小さなことからコツコツ、その中に出会いがあるよと、今しばらく同行二人でがんばります。皆様によいお便りができますように。



自分を信じるということ

様々なメソッドは単なるツールです。

 私にとって昨年は、新しいパラダイムを迎えるためのキーワードが『調和』であると少し気づいたことですか。これは自分とまわりを取り巻くすべてのものが一つの源から発せられているのであって、世の中は自分とは無関係に存在することはなく、そこから発せられ形づくられてている全てのものを感じとることかな。

 私が先に『真我発見』という言葉で表現したかったことは、プログラムの名称ではなく、本当の自分との対話を通じて、全てとつながることができると信じられるようになってきた、ということです。ただ、いろいろ遍歴した上で、一番いきたかった場所に連れて行ってくれた私によりマッチした方法はありました。それを教えてくれた人もいました。ただ、方法はなんでもいいのです。教義やメソッドではなく、徹底的に自分、本当の自分(宇宙)と交流することだと思っています。これは徹底的にそうだと思います。

 ただ、前からすごく違和感を感じることですが、色々な教義やメソッドに固執して、真我でない『信念』の世界を拡大して排他的になっていることです。世の中を相反的に捕らえて『精神的なもの』とそうでないもの、『正しい』ものとそうでないもの、あるいは自分たちのやり方とは違うもの、というふうにです。このやり方こそ…という強力な信念(思い込んでいるもの)こそカリスマなどを作り、真我から遠いものだ感じます。私には『悟り』についてもそれに対する背反的なものはないと思っています。むしろ背反的に言うのは『精神世界』に関係している人々のほうが多いと思います。

 皆さんコメント書いてくれなくて、メールでご返信いただいたりするので掲載できないのですが、この真我(神?)とどこかで繋がっている人との交流は、プロフィール抜きですね。人々とは魂で交流できるはずです。人間である以上ちょっとしたことで共感できるものだと思います。まだまだ荒れてますが、それをできるようその波動を高めていきたいと思っています。それはいかに自分を信じきるかだと思っています。日々、揉め事で怒り、強欲に翻弄されているいる自分を認め、許せない自分すら許していく勇気かな。これをやっていくと隠れた信念が溶解していくのを感じます。



「真我」の目覚めを感じて…

本当に自分を信じるということ

 ようやく今日の午前中で年内の事務所仕事が終了しました。(といっても納品便で明日も外回りは残ってはいますが。)今やっと年賀状やら、写真の整理やらをやっているところです。

 振り返ってみれば、本年も昨年に続き、自分自身にとって厳しい年でした。この年になって未だに生きる目的探しを続けているなんて言ったら馬鹿にされるかもしれませんが、常に心の中で大きな障害に出くわすのは、未だに自分自身と折り合いをつけていなかったのでしょうね。

 でも、本年の後半は不思議な出会いがありました。初夏に知り合った「村長」さんに教えてもらったDAHN YOGAの「真我発見」に、ついに行ってきましたよ。でも、すごいのはこのプログラムがどうのというのではなく、最初から、どこかにゆるぎない自分を感じ、対話が可能になってきたということでしょうか。本当に胸から湧き出る「言葉」も聞きました。

 そこで知ったのは、日々のゴタゴタや揉め事のなかで、何かが解決したら…ということではなく、苛立ちのなかにいても、どんな状況の中にいてもそれとは無関係に、本当に無条件で喜んでいる、愛している自分自身の存在を感じ始めたことです。これまでいろいろ体験した中でも、これは本当にすごいことでした。

 それは「村長」さんが言っていたように、もともと自分も知っていたものかもしれません。でも日常のパターンに浸っていると、なかなか自分を信じられないのです。だからその後も、あれだけ涙の日々を経験し感謝を感じ続けながらも、常に日々の波にさらわれそうになっています。でももう手放さずに、これからはこの卵を少しづつ大きくしていきたいと決意しているところです。(これは決意の問題でしょうね)

 これからは、誰の手でもない自分自身のやり方を見つけることです。 (MIXIに掲載)



世界一平和村でピザの手づくりを体験

桃山町に『世界一平和村』の大きな看板
 『あら川の桃』で有名な和歌山県桃山町(現・紀ノ川市)。初夏には桃を買う観光客らで賑わう紀ノ川沿い中心部から南の山手に向かって車を走らせていくと、突然『世界一平和村』と書かれた看板が目に入ります。山中に忽然と広い敷地現れ、バンガロー風の木造建物群からたくさんのワンちゃんが出迎えてくれます。

いつもの放浪癖から…
 いつものクセ(病気?)で、暇ができると独りで目的もなく放浪していて、今年5月にこの村を発見しました。そこでここを開いたという村長の高橋祐勝氏と突然の出会いとなったのです。気の非常にいいところで、初対面にもかかわらず長時間、この村を開設したいきさつや精神世界のお話をしていただいたのが始まりで、その後、この村で催された『母神の祭典』のチャリティーコンサートのDVDや書籍を送っていただいたのがきっかけで交流することになりました。

再度の訪問で…『気』を満喫
 11月3日、ここでピザの店をオープンするというお手紙をいただき、友人らと一緒に改めて訪問してきました。村長は最近、病気をされたそうで、イタリア直送の釜を置いてある建物の屋根は、この時まだ未完成。それでも歓迎していただき、特別に自家製の地鳥の燻製など戴いて、おいしい『気』を満喫してきました。世界一平和村については下記のURLをご覧ください。

『世界一平和村』について http://www.kingsamson.com/